キミキス*Kimikiss SS図書室
PS2ソフト「キミキス*Kimikiss」(©2006 ENTERBRAIN,inc.)のメインヒロイン・星乃結美をメインにした創作小説図書室です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミキス~pure rouge~ 第4話

JCと聞くとどうしてもジャパンカップを思い浮かべる星乃です。
まあ、甲子園編のタイトルも同じジャンルから来てるんですけどねっ。


今後の結美ルートも読みつつ第4話感想行きます。
※レビュー部の文章抜けを修正しました。
##########


摩央チェック入りまーす。
というわけで図書室に行く結美を見送る光一にかばんラリアットをかます摩央姉。あのスイングスピードでたんこぶ作らないとかどれだけ丈夫なんだ光一は…とまあそれはさしおいて。


「その一歩をためらうな」
今回はこの言葉に尽きるかと。


無限に時間があると思ったら大間違い…という摩央姉の言葉は結美ルートの伏線で間違いない。当然残り1年の摩央姉にも当てはまるけど、結美に対してのらりくらりとした態度を取る光一に摩央姉が言ってるのだから「アレ」を暗に匂わせているのではないかと。
「アレ」についてはあとで触れるとして、当の摩央姉。
「時間がないのは3年の摩央姉ちゃんのほうだろ」と反駁する光一を思い返しながら「気になること言ってくれるわね…」とため息混じりに月を見上げるシーンが。この後で甲斐が出てきて同じ月を見てる、ということは甲斐ルート確定ですかそうですか。
ラブレター拾ってもらったり保健室まで運んでもらってたりデートを断らなかったり…と甲斐とのカラミが増量。
次回で甲斐とのデート(予告を見る限りそうとしか思えない)。
サックス演奏に付き合うなら真っ昼間からってことはないだろうし、何かあってなおかつサックス…という流れかな。


階段サックスをやったスタッフだから公園のど真ん中で超絶技巧のサックス演奏、とかやりそう。どうぶっ飛んでくれるかにも注目してみるか。


ラブレター嫌いとか低血圧で保健室通いとか妙なところで原作準拠。
瑛理子と保健室で会ったときに何気に「3-A」とクラスを間違えている件はスルーしておきましょう。


続いて明日夏。
なんというか、彼女のキャラが変わりすぎてることに驚いた。
指摘してる人もいるからいまさら感があるかもしれないけど、あんなキレキャラじゃない。フィールドの上でもあくまで冷静。
あれじゃ原作で出会いイベントのときに「どこ見てんのよ!」と某芸人みたく喧嘩売ったり浮気バレしたら突っかかってくるようなキャラじゃねーか。
いくらサッカー部だからって、首根っこ捕まえて引きずるってのは男がやること。明日夏はサッカー中心の生活をしてるけど、決してそんな男勝りで横暴な子じゃない。
結美のためにわざわざ簪を選んでくれる子なんだ(このSS参照)。
女の子らしさとの対比としてこういう描き方をした、という説もあるけど、それにしては行きすぎじゃなかろうか。
あと明日夏ってレフティーだったような…記憶違いかな。


それから柊…もとい映研はどういう“芸術”を目指しているんだろう。
「ギョーザとワンタンの友情物語」ってどういう路線なんだよ。「リアリティがない」とか当たり前のことを言ってるし。




さて、今回の結美。
木陰で本を読んでる男子を光一と見間違えるあたり“彼を意識してる”感をありありと。
その後浮かべた笑みは「何勘違いしてるんだろう、私」と別世界に行っていた自分に対してクスリと笑っていたのかな、と思いました。
光一とのカラミはもう語りません。
毎回同じこと言ってるから。


ちょっと文句を言うとすれば、結美の目はカクカクじゃないぜ。
まん丸のパッチリ二重さ。
ただ作画の話は某所で前々から出てたから、来るべきときが来た感じと諦観気味。


作画がひどかったのは光一かな。
途中、完全に顔が潰れてた。


最後。
一輝が実はサッカーうまいのに練習嫌い、とかいつの時代の青春漫画ですか。


+++++


さて、自分なりに今後の予想。
まず2クールという前提で話をすると。
3話でひと月という進捗度=年内12~3話(1クール)で4ヶ月=1学期分。
年が明けてからは夏休みor2学期シーン。
学園祭を最大目標において、フォークダンスでオーラス。
2クール目前半のどこかで「アレ」が投入されて状況が一変する予感。
(「アレ」のために原作では“1ヶ月”というタイトなプレイ環境が出来上がったわけだし)


結美と光一は「脚本の相談」という理由付けで接近。5~8話で内容について話していると、“恋愛モノ”でどうかという話題に。シナリオで挿入されるキスシーンを肴にして「キスしたことある?」とお約束アタックイベントを消化。肝心のキスは1クール終了間際。
2クール目で「アレ」が投入されて、摩央姉の言葉がフラッシュバック。光一が焦り戸惑う展開に。


1クールなら詰めに詰めて「アレ」を投入することになりそう。
でも7話まであらすじ出てて、そのあらすじを読むとそれほど時間が進んでない…というのを考慮すれば、2クールは確定的。


「アレ」に関しては結美視点のストーリー展開をぜひとも期待したい。
いくら薄いシナリオだからといっても、男視点だと限界が見える。
まして映画撮影、となるとドラマCD(結美編)と展開が似てくるし。
スポンサーサイト

テーマ:二次創作 - ジャンル:小説・文学

コメント

やっと満足感味わえました(笑)
【2007/10/30 21:35】 URL | 雷 #-[ 編集]
よかったですね(笑)
ずいぶんキャラ変わってましたけど。
【2007/10/31 02:04】 URL | Author #y/MN7pSg[ 編集]
やっぱり、明日夏のギャップに驚く人はいるのですね。最初は摩央姉にギャップを感じたのですが、あれくらいなら「まぁアニメとゲーム同じキャラじゃ作りにくいから」って感じでしたけど。

アニメの明日夏は乱暴で男勝りです(^^;   原作から離しすぎに見えますよね。
【2007/11/02 21:51】 URL | ななし #-[ 編集]
摩央姉ちゃんの場合は「フランス帰り」という特殊設定までついてましたしね。
ただ、このまま甲斐とくっつくとは思えませんが(1話の冒頭を鑑みるに)。


明日夏はもう別人ですね。ゲームで感じた爽やかな感じがまるでない。
【2007/11/02 23:41】 URL | Author #y/MN7pSg[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

ダブルオーの感想を書く前に。

▼「キミキス pure rouge/第04話step in/感想」更新。小説の方も読んでいるのですが、星乃さんがライトノベルも読むとか言い出しました(苦笑)。▼「機動戦士ガンダム00【ダブルオー】/第04話対外折衝/感想」更新。複雑に見えて、非常に単純な気がしました。今週は.. サブカル・カムカム【2007/10/29 07:37】

(アニメ感想) キミキス pure rouge 第4話 「step in」

キミキス pure rouge (1)カラオケから一ヶ月。進展のない光一と結美の仲にやきもきする摩央は、「その一歩をためらうな」と光一をけしかける。映研の次回作のシナリオを任された光一は、意を決して結美に話かける。サッカー部一の実力者・咲野明日夏は、一輝にディフェン... ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2007/10/29 17:41】

キミキス pure rouge 第4話 「step in」

その一歩を躊躇うな、時間は無限じゃない!カラオケから1ヶ月、結美との仲の進展しない光一を注意する摩央姉。それでも光一は動けないでいたが、映研のシナリオを任されて結美に手伝ってもらうことに。サッカー部で SERA@らくblog【2007/10/29 22:47】
当室はリンクフリーですが、ご一報いただけると幸いです。
御用の方はメールフォームからどうぞ。

来訪者数

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

星乃裕一

Author:星乃裕一
SS書き5年目。

『キミキス』『TLSS』(PS2)の二次創作をやってます。
『アマガミ』の二次創作もぼちぼちと。


mixi参加してます。
下記メールリンクより管理人宛にアド添付してメールをいただければご招待させていただきます。
あわせて感想などもありましたらどうぞ。

管理人メール

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。