キミキス*Kimikiss SS図書室
PS2ソフト「キミキス*Kimikiss」(©2006 ENTERBRAIN,inc.)のメインヒロイン・星乃結美をメインにした創作小説図書室です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミキス~pure rouge~ 第3話

うー。ういー。


アルコール入ってるのでいつもより無駄にテンション高いかもしれません。
酒が抜けたらこっそりと書き換えてたりして。


流れていた「青空loop」(marble)のCMが何気にツボです。
なにあのユルさ。
**********


今週もニヤニヤが止まらないっ。


なんて、なんてかわいいんだ結美。


もう冒頭からウハウハでございます。
電車に乗りながら本を読む結美から3話スタート。
2ページほど内容が見えたので、誰のどの作品か見抜いてほしいところです。誰かに(他人任せ
輝日南駅から学校に向かう途中、光一と摩央姉ちゃんのカラミを見てしまって内気モード発動してるところがかわええ…。
まあ、摩央姉と光一のカラミを見てると事情を知らない限りは“ひょっとして真田君…”と勘違いしても無理はないかな、とは思います。
(その事情はのちのち摩央が直接結美に話すわけですが)


さて、3話の軸。
菜々の提案で「摩央姉ちゃん歓迎会」をカラオケでやることに。
“7のつく日”に7人で行けばサービス、ってチラシを菜々に持たせるのがいかにもあざとい。
で、ゲストのはずの摩央はホストのはずの光一と一輝に1人づつ呼ぶよう指示。光一には結美を誘うように唆す。
ここからの光一のヘタレっぷりには盛大に吹かせていただきました。
昼休みも図書委員の仕事を引き受けた結美を追っかけて図書室まで来たのはいいものの、本人の姿を見つけるや否や抜き足差し足忍び足ってどないやねんと。しかも摩央姉ったらなんだか小難しい本を盾に二人の動向を見守ってるし。
だんだんと(…というかじわじわと)距離を近づけていく二人。
ここからがじれったい。
結美に声をかけるまではできても、なかなか本題を切り出せず。
しまいに。


「か、か、から…空手の本、あるかな」


…光一のお馬鹿。言えないのわかってたけど。
隠れていた摩央姉が我慢ならなくなって割って入り、事情を説明。
結美との約束を取り付けます。


そしてカラオケシーン。
一輝は柊かよ。しかもまた映研の勧誘してるし。
歌うシーンは摩央がOP「青空loop」を、なななるがラジオの前OPをデュエットで。
結美が歌うシーンはなかったし、なんだか申し訳なさそうな空気を出してたからそこは感じ取ってほしかったぜ。>光一きゅん
結美が席を立ったのに気づいた摩央がトイレに行き、結美とお話。
ここから先は乙女の会話により自粛。
なんか「乙女」って響きがエロい。なぜなんだぜ。


ラストは原作で言うところの出会いシーン。
内気な二人だから、段階を踏まないことにはキスも始まらないかと。
あとは変態分が滲み出る演技と脚本を期待(笑)
「星乃さんって、キスしたこと…ある?」とかぜひやってもらいたい。
答えに窮する結美にニヤニヤしたいし。


さて、結美とカラオケといえば「輝・日・南!輝・日・南!」のチア練習。ノースリーブでポンポン持って、変態モード全開の光一が囃し立てて乗せられるシーンも再現してほしいなぁ。


…あ、「輝・日・南!」って書いてたら某スレのコイツを思い出した。→(・日・)
でも名前忘れた(・日・;)




その他雑感。
なななるはヒロインというよりは明らかに百合キャラコンビで行く感じが。
しかも今回もロミジュリでキスかよ、と。
さらに「弟の恋愛には~」という摩央姉のあのコメントで光一フラグは消滅したような空気が。
カラオケ帰りの甲斐とのカラミを見てると、ついに甲斐とのフラグが立っちゃったかなぁ…。
そしてクラス内での瑛理子のツンっぷりが垣間見えた3話でした。
2話で突き放された一輝はどうなるやら。


しかしアニメで見られる結美の笑顔のかわいいことかわいいこと。
「図書委員」「転校」ぐらいしか目立った属性がないから(「地味」属性ってあるのか!?)属性のわかりやすい摩央や瑛理子・菜々に比べてコアなファンは少ないけど、公式投票第3位ですから。
地味だけど瑛理子と摩央の次。


もうね、本音言っちゃうと地味子なんて呼ばせたくないわけですよ。
地味子なんて言ってる奴にはこうだ!と心の中で常日頃思っていたり。


地味だからこそメインヒロインが務まるってもんさ。
キャラの濃いヒロインがメインを張ると他が霞むってもんさ。
だから他のキャラを際立たせるにはこれくらい地味でもいいのさ。


うどんで言うなら摩央や瑛理子が関東風だしで結美は関西風だしさ。
味は薄くてもちゃんと独特のだしは出てるんだ。
ね?でじる。
スポンサーサイト

テーマ:二次創作 - ジャンル:小説・文学

コメント

>雷さん
あの可愛さは異常です。
雷さんお目当てのキャラは4話で登場みたいですね。
一輝ルートほぼ確定みたいですが(汗


>じんさん
ちょwwwおまwwww


…どうもはじめまして。
結美はかわいいんです。
エロい人にはそれがわからんのです。
【2007/10/23 00:22】 URL | Author #y/MN7pSg[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

キミキス pure rouge 第3話 「book mark」

光一と結美の仲を取り持つため摩央姉は、自分の歓迎カラオケに結美を呼ばせる。カラオケを半額にするにはもう一人いるので一輝にも女の子連れて来いと命じます。弟みたいな二人の面倒まで見ないといけない摩央姉にも甲斐と SERA@らくblog【2007/10/21 22:26】

(アニメ感想) キミキス pure rouge 第3話 「book mark」

キミキス pure rouge (1)一輝の妹・菜々も輝日南高校に入学。早くもうどん好きの少女・里仲なるみと仲良くなりゴキゲン。光一の結美への想いを知り、お姉さんとして協力を約束する摩央。菜々はカラオケボックスで摩央の歓迎会を開くことを提案するが、割引のための人数が... ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人【2007/10/21 23:02】

登校中の星乃さんと下校中の星乃さんの違い/『キミキス pure rouge』/第03話「book mark」感想

「私、図書委員だから……」(星乃結美) 冒頭電車の中で読書している星乃さんと、ラスト電車内なのに本も読まずに窓の外を眺めて微笑む星乃さんが、読書を軸に対比されていて良かったです。登校中は歩いている時にでも読書しているぐらい本が好きなのに、それを忘れる.... サブカル・カムカム【2007/10/24 16:49】
当室はリンクフリーですが、ご一報いただけると幸いです。
御用の方はメールフォームからどうぞ。

来訪者数

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

星乃裕一

Author:星乃裕一
SS書き5年目。

『キミキス』『TLSS』(PS2)の二次創作をやってます。
『アマガミ』の二次創作もぼちぼちと。


mixi参加してます。
下記メールリンクより管理人宛にアド添付してメールをいただければご招待させていただきます。
あわせて感想などもありましたらどうぞ。

管理人メール

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。