キミキス*Kimikiss SS図書室
PS2ソフト「キミキス*Kimikiss」(©2006 ENTERBRAIN,inc.)のメインヒロイン・星乃結美をメインにした創作小説図書室です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマガミ1周年なんですね

気がついたら3ヶ月放置かよ!!


まあ、肉体的にも精神的にもえらい状況が続いてたので、SSどころじゃなかったわけですが。
昨日の深夜にようやく長編を久々に書いてましたが、時間がまったく足りない。
深夜に時間を取れるような環境だった昔が懐かしい…。


さて、アマガミが発売されて1周年なんですね。
すっかりアマガミを積みゲー化してしまった私は、複雑な気持ちです。
キミキスの時は「よーし、SS書くぞー!!」なんて意気軒昂だったわけですが、アマガミに対しては同じ感情を抱くことが出来ません。
自分の中ではキミキスとアマガミの間で、見えない温度差があります。
仕事しながらプレイするという余裕がないのもありましたが。
(家に帰ったら即寝、なんてよくありましたしね)


とあるサイトで、「キミキスに比べてアマガミは二次創作があまり盛り上がってない」と書かれていました。それは今私自身が感じている温度差と同じなのかもしれません。
ゲームとして見れば、ランダム性の強いキミキスよりもある程度ルートが固まったアマガミのほうがゲームシステムとしてはいいのかもしれません。ですが、以前書いたように私はキミキスのランダム性が好きです。完全に決まりきったルートを行くより、ちょっと寄り道してでも目当ての女の子に会う努力をする。それが楽しいんです。
?マークのところを選んだ結果目当ての女の子が出てこない、というがっかりな展開も、キミキスならではです。あらかじめほとんどのイベント設定がされているアマガミは、そういうがっかり感がない。選択肢によってルートが変わるとはいえ、筋が定まっているとなれば私にとっては紙芝居とほぼ同じなんですよね。それが、私がいまひとつアマガミに力を入れられない理由です。


私の中では、アマガミがキミキスを超えることはありません。
アマガミのSSも、よほどのことがない限りは書かないと思います。


ここはキミキスのSSに特化したサイトとして、これからも細々と続けていく予定です。
更新頻度がガクッと落ちてすっかり過疎ってますが、まだ終わりませんよ。
ここに来て下さる方がいる限りは、ね。
スポンサーサイト

テーマ:物書きのひとりごと - ジャンル:小説・文学

当室はリンクフリーですが、ご一報いただけると幸いです。
御用の方はメールフォームからどうぞ。

来訪者数

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

星乃裕一

Author:星乃裕一
SS書き5年目。

『キミキス』『TLSS』(PS2)の二次創作をやってます。
『アマガミ』の二次創作もぼちぼちと。


mixi参加してます。
下記メールリンクより管理人宛にアド添付してメールをいただければご招待させていただきます。
あわせて感想などもありましたらどうぞ。

管理人メール

リンク

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。